気をつけて!レーザー脱毛の思わぬトラブル

レーザー脱毛でのトラブルとは

レーザー脱毛で最も多いトラブルが「火傷」です。レーザー脱毛の仕組みとして、メラニン色素の黒い色に反応して毛包を焼いてムダ毛をなくすというものです。そのため、表皮に含まれるメラニン色素が多ければ多いほど、表皮の温度が上がりやすくなります。

ですから、施術を行う前に医師が皮膚の状況を細かく観察して、レーザー脱毛に適しているかどうか判断しなければなりません。火傷をしたり炎症を起こしたり、ひどくなると火傷の痕が残ることもあります。

さらに脱毛後の肌は、乾燥してデリケートになっていますから、アフターケアをしっかりしないとやはりシミの原因になります。安いキャンペーンなどに飛びついてしまうとこうしたトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

数をこなそうと未熟なスタッフに施術させたり、レーザー機器のメンテナンス、あるいは導入したばかりでしっかりした施術経験が浅いなど、トラブルの原因になります。

本来人間にムダな毛というのは存在しません。脱毛とは人間の美的感覚の問題であり、体毛は外からの刺激から体を守る役割があります。それをなくしてしまうのがレーザー脱毛ですから、どうしてもトラブルは起こると考えなければなりません。

たとえば、毛穴や皮膚の表面にはたくさんの常在細菌が繁殖しています。アクネ菌というのもその代表的な仲間です。レーザーの熱によって加熱殺菌されると同時に、バリア機能も弱くなってしまいます。そうすると炎症を起こす場合もあり、毛穴が腫れあがって毛嚢炎になることもあります。

またレーザー脱毛の照射によって、脱毛部位の毛が逆に増えたり、硬い毛が生えてくることがあります。これは副作用として報告されていますが、顔や上腕、うなじ、背中など、産毛への照射によって起こるとされています。

打ち漏れもレーザー脱毛にはありがちです。きちんとしたマーカーを作ってから行われないと、通常2~3週間で毛が抜け落ちますが、一部かたまって残ってしまうことがあります。

   レーザー脱毛のメリット・デメリット    レーザー脱毛でのトラブルとは

   電気針脱毛のメリット・デメリット